ブラッセリーノート『パテ アンクルート』


久々登場!ニ野戸です。
キッチンオススメをご紹介していきます!
本日は、『パテ アンクルート』。直訳すると、殻の中のパテ
 とても、クラシックなこのパイ包みパテ。田舎風パテとはまた違った風味や美味しさが
何ともいえません。 
それでは、今回の材料からご紹介〜
d0179027_16203472.jpg

 ホロホロ鶏、豚肉、トリュフ、フォアグラ、ピスタチオ
何とも、贅沢な、テリーヌです。
d0179027_16225065.jpg

 こちらを、ミンサーで引きます。断面が、綺麗にでるように、大きさを調整します。
d0179027_16243225.jpg

 しっかりと、粘りを出してお肉をつなぎます。
d0179027_1639141.jpg

専用の型に、ブリゼを敷き、背脂シートを張り付けお肉のパテを、詰めていきます。
d0179027_1642740.jpg

 パテを詰めたら、生地で覆い、穴を開け、煙突を立てます。
こちらは、肉汁がもれないようにと、パテが爆発しないためです。
 そして、オーヴンへ
d0179027_16463938.jpg

温度を、3段階に分けて焼成していきます。
d0179027_16473055.jpg

 翌日、できた空洞に、ジュレを流し、固めます。

長々とお付き合い頂きありがとうございます。
次のブログにて、切った断面を公開します。
 このパテで、ワイン、2杯はいけますね。笑
前菜の一皿に、是非どうぞ。
[PR]
by brasserienote | 2013-05-14 16:53