5月4日更新「ビネール到着☆」

ボンジュール★
湯座です!

今日はこんな希少なワインがグラスで開いてますよ♫
d0179027_16442822.jpg


「クリスチャン ビネールのピノノワール’11」


ちょっと遠回しな感じになってしまいますけど、、、

今朝、湯座はアヒルとウグイスのビオトークという本を読みました。
もちろん!ビオワインについての本で、雑誌掲載していた東京の有名飲食店オーナーのワイン対談を書籍化したものです。(ちなみに先日その編集者の方がきてくださり、貴重なお話もお聞きできました♫)



その本の中で、とーっても素敵な表現や言葉がたくさん散りばめられていたのですが、特に気になる表現を今日はご紹介☆

どのワインをボトルで飲みたいか、グラスで飲みたいかという話題で、

「妻、というよりは恋人的なワインだよね」

という一言。


どういうことかと言いますと、

1本ゆっくり飲んで、連れ合いのように深くわかりあっていきたいワイン(妻的なワイン)なのか、
それともしびれるような、ドキドキする恋愛のようなワイン(恋人的なワイン)なのか。

前者ならボトルで楽しんでこそですし、後者ならグラスで飲むのが楽しいのではないかというお話だったのです。



それで例えると…


今のこのコは「恋人にも、妻にもなりうるようなピュアな可愛い女の子」っていうイメージかなぁって個人的に思ったんです。
付け足して言うなら、「緊張して肩がちょっと上がっちゃってるような女の子」笑

グラスでもボトルでも楽しめそうですし、もう少し成長を待ってあげても(寝かせておいても)いいんじゃないのかなぁとも思います。


他にも湯座の脳みそじゃ理解できないような素敵な言葉がたくさん詰まってました〜!
いや〜朝っぱらから素敵な本を見つけちゃいました♫

そして素敵なワインも傍に♫今日はゴキゲンです(。-∀-)


あ、ちなみに、、

このコは仙台に数本しか入荷できなかったらしいということですよ!


では後ほどお店で!
サリュー★

湯座
[PR]
by brasserienote | 2013-05-04 16:06